お金のはなし 転職 近況

転職をすれば給料は上がる!? いえ。わたしは手取りで○万円下がりました。給料アップを期待しますか?

以前のボーナスの話に続き、本日もお金の話です。

前職での給料と、現在の給料を公開します。


前職での給料

前職での給料は手取りで「23万円」でした。
ボーナスについてはここでは触れないでおきますね。
残業による変動はほぼ無し。

現職での給料

現職での給料は手取りで「21.5万円」です。
ただし残業時間により多少の増はあり。
※前年度の方が給料多かったので今年引かれる税金などが高いせいもありますが…。

わたしの場合転職で給料はさがりました

月の手取りにして、約1.5万円ほど給料がさがりました。
ただ転職する前から、給料は下がる or 良くて前職とどっこいどっこいだろうという考えはありました。給料アップは期待していませんでした。

逆に給料アップを期待したところで、また「業務負荷増」という最悪の未来がまっているだけだと思いました。

給料アップだけが転職の目的ではありません。そう考える人もたくさんいるかとはおもいますが。

私の場合はお金より家庭。家庭と仕事の両立を第一に考えていました。そして転職して新しい会社で働いている今現在、それが達成できています。

転職を決める前に給料の変化についてはしっかり考えておきましょう

わたしの転職の目的が「給料アップではない」とは書きましたが、転職を決める際に、ちゃんとこの給料でやっていけるのかというのは何度も考えました。考えた結果問題ないと判断したため転職を決意しました。

といっても転職先が決まったのは退職を告げてからなので、厳密には「問題ないと判断したため現在の会社に転職することを決めた」となりますね。

もしやっていけないと判断したら、もう少し給料の高いところの転職先をさがしていたでしょう。ただしその場合本来の目的の家庭と仕事の両立を達成できていたからは不明ですが。

転職の際の給料変動はとても大事なことです。しっかりと金銭面の現状分析と今後のシミュレーションをしてやっていける範囲なのかを考慮したうえで転職先をさがしましょう。給料については面接の場で聞くことができますのでしっかりと聞いた方がよいです。家族手当や通勤手当なども含めた総額をちゃんと聞いておくことが大切になります(結局わたしはいくらもらえるの!?というのが一番聞きたいことだとおもいますので)。

給料も下がった、仕事も前職より忙しくなった…、となったら何のために転職したかがわかりませんからね(まぁそれぞれの転職目的によりますが)。

\この記事はどうでしたか?/

-お金のはなし, 転職, 近況

© 2021 ジョブログLiFE