Ruby on Rails 開発環境

Visual Studio Code を日本語化する方法【解説】

Visual Studio Code を日本語化する方法を解説します。

デフォルトだと英語表記なので、慣れていないと

  • 「何がどこにあるの?
  • このメニュー何?

と余計な時間がとられます。

そんなので悩むのはもったいないので、日本語化をおすすめします。


【Windows】Visual Studio Code を日本語化する方法【解説】

以下に、日本語化の方法を記載します。

Visual Studio Code で 「View」「Command Palette...」を表示する

まずは、Visual Studio Codeを起動します。

上部のメニューから「View」を選択します。

Visual Studio Code で Viewを選択する

次に、表示されたメニューの中から「Command Palette...」を選択します。

Visual Studio Code でCommand Paletteを選択する

「Command Palette」で「Configure Display Langage」で「ja」を選択する

Command Palette に「Configure Display Langage」を入力します。

Command Pallette で Configure Display Langage を入力する

すると、現在インストールされている言語が表示されます。

jaを選択する ない場合はInstallする

ここでは以下の2つが表示されています。

  • en(英語)
  • ja(日本語)

ここで「ja」を選択します。

すると、Visual Studio Codeの再起動が求められるので、再起動します。

次回起動時に、Visual Studio Code の言語が日本語に変更されます。

「ja」が表示されない場合は、日本語をインストール

先ほどの手順で、「ja(日本語)」が表示されない場合は、日本語をインストールする必要があります。

「Install additional languages...」を選択します。

すると色々な言語が表示されます。

その中から「Japanese Language Pack...」を選択、インストールします。

日本語をインストールする

インストール後は、先ほどの手順で、「Configure Display Langage」→「ja」→ 再起動 で日本語化が完了します。

 

Visual Studio Code の日本語化作業は、以上で完了です。

\この記事はどうでしたか?/

-Ruby on Rails, 開発環境

© 2021 ジョブログLiFE